社長挨拶

社長写真 代表取締役社長  玉木 淳

 当社は、1997年10月1日の北陸新幹線高崎・長野間の開業により、並行在来線の信越本線軽井沢・篠ノ井間の経営を引き継いだ全国初の第三セクターの鉄道会社であります。
 また、2015年3月14日には、北陸新幹線の金沢延伸に伴い、信越本線長野・妙高高原間を北しなの線として経営を引き継ぎました。これにより、営業距離は102.4kmとなり、年間1,400万人余りのお客様にご利用いただく東信・北信地域の基幹的な公共交通機関として今に至っております。
 これも、開業以来、ご利用いただいているお客様、沿線地域の皆様はもとより、国、県、沿線自治体、東日本旅客鉄道様をはじめ多くの皆様のご尽力とご支援の賜物と心より感謝申し上げます。
 一方、人口減少など地域鉄道を取り巻く経営環境は厳しさを増しており、沿線地域の足として、安全で安定的な輸送サービスを将来にわたって提供させていただく上では、将来を見据えた新たな打ち手が必要と考えております。
 2017年10月1日の開業20周年を経て当社は次なる20年へ向け新たな歩みを始めました。
 2018年4月からの5ヵ年計画『第四次中期計画 ~自ら行動する新しいステージへ~』では、「安全・安定輸送」と「地域に生きる」を変わらぬ使命とし、次のことを大切にしながら取組みを推進してまいります。

1.
安全・安定輸送をこれからも
鉄道事業の根幹である安全で安定した輸送を確保した上で、老朽化などの課題をクリアしながら、より快適なサービスを提供できる企業を目指します。
2.
地域に貢献する企業を目指して
「地域の発展が、しなの鉄道の発展につながる」との信念のもと、自らを起点として、地域と共に「新しい地域鉄道」を創造し、地域に貢献する企業を目指します。
3.
思いをエネルギーに
新しいことを切り開くには困難はつきもの。社員と地域の「こうなりたい」という思いを前向きなエネルギーに変えて、地域の幸せ創りに挑戦する企業を目指します。

沿線地域には、豊かな魅力や思いのある人々があふれています。鉄道事業を通じ、魅力や人、地域を繋ぎながら、地域鉄道としての可能性を最大限に引出し、これからも地域に愛される鉄道会社を目指し努力して参ります。
皆様のご支援をよろしくお願いいたします。